銀行カードローンのデメリット

| コメント(0) | トラックバック(0)


銀行カードローンのデメリットといえば、手続きに時間がかかることです。

消費者金融なら手続きがとても早く即日融資もできるのですが、
銀行カードローンではそれが難しいのが現実です。

その理由はもちろん、手続きに時間がかかるからです。

ではなぜ銀行カードローンの手続きは時間がかかるのでしょうか?

それは、銀行は消費者金融に比べて審査が厳しいからです。

消費者金融でも審査は行うのですが、
銀行の場合はそれよりさらに厳しく細かく審査が行われるので、それだけ長く時間がかかってしまうのです。

銀行はどんな人にでも無条件お金を貸すところではなく、
属性の高い信用できる人間にしか融資しません。

だからそれだけに、審査には長く時間をかけているのです。

その分、銀行は低金利を提供しているのですが、
その恩恵を受けられるのは属性の高い人間だけなのです。

でも、お金を貸す人間が本当に属性の高い人間かどうかは、審査を綿密に行わなければわかりません。

だから、銀行カードローンの審査は厳しいのです。

もちろん銀行カードローンのデメリットはそれだけではありません。

審査に長く時間がかかることから、即日融資が受けにくいというデメリットもあります。

よって、今すぐ借りたいと思ってる人には銀行カードローンは向いていません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lerevoir.org/mt-tb.cgi/3

コメントする