銀行カードローンについて

| コメント(0) | トラックバック(0)


カードローンには大きく2種類があります。

銀行カードローンと銀行以外の金融機関が実施ているカードローンです。

消費者金融や信販会社などが実施しているものが銀行以外カードローンに該当します。

基本的にはどちらのカードローンもお金借りることに違いはありません。

中にはFX投資で失敗してお金を借りるという人もいます。

そんな事にならないためにも、まずFXの基礎用語集はこちらで勉強してFXを始めましょう。

融資限度額の範囲であれば、何回でも借入することが可能ですし、返済も分割して行うことも可能です。

銀行カードローンと銀行以外カードローンの一番の違いは、借入れるときの金利の違いです。

銀行カードローンの方が金利が低いのが一般的です。

借入を行う場合には金利が重要なポイントとなります。

金利が高いと返済に伴う利息が高くなり、金利が低いと返済時の利息が少なくてすみます。

返済に伴う利息を小さくするためには低金利のものを借入れることが有用です。

また、融資限度額も銀行カードローンの方が大きく設定されています。

銀行カードローンは比較的返済金利が低く設定されていますが、
借入時の審査が銀行以外カードローンに比べて厳しいのが実情です。

審査において、銀行以外カードローンは安定収入のある人に幅広く融資するのに比べて、
銀行カードローンはきちんと返済できる可能性が高い方を対象にしています。

結果的に審査が厳しくなります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lerevoir.org/mt-tb.cgi/1

コメントする