ryouri.jpg

実家の両親からお金を少し用立ててくれないかと言われましたが、
手元に余裕のあるお金はありませんでした。

両親は自営業のため資金繰りでたまに困ってしまうことがあるようで、
以前にも同じようなことがありましたが、
旦那に相談したら不機嫌な顔になったので、旦那に隠れてお金を用立てたいと思いました。

しかし銀行口座には給料日前でお金がありませんし、へそくりもありません。

困ってしまったので、以前お友達からカードローンを利用した体験談を聞いたことを思い出し、
私も利用できないだろうかと銀行のカードローンサービスに問い合わせてみました。

主婦なので借りられないかもしれないと思っていましたが、
旦那に安定した収入があるということで、30万円借入できたので安堵しました。

しかも銀行のカードローンだと金利が安いので、安心だと思いました。

両親からもとても感謝されましたし、その後、すぐに両親は貸したお金を返済してくれたので、
そのままカードローンサービスで返済手続きを行いました。

ちなみにお金を借り入れできなかった人の中には、FXで儲けている人もいるそうです。
そんな人は多分FXの人気通貨と言えば?みたいなのを
参考にしているのかもしれませんね。

借り入れ期間が短かったので金利が安くすんで、お得に借りることができました。

困ったときに、カードローンはとても便利なので、これからも利用しようと考えています。


最近、専業主婦が家事の片手間にする副業が増えています。

なかでも、リスクの低いFXが人気で、FXっていくらからできるの?とよく話題になります。

副業をするにはまずは元金が必要にになりますが、
そのなかでも銀行カードローンは専業主婦にとても人気があります。

その理由は、銀行カードローンなら収入がない専業主婦でも借入できるからです。

消費者金融では総量規制があるため専業主婦は借入できませんが、
銀行は総量規制対象外なので借入ができるのです。

総量規制とは、簡単にいえば収入に応じてしか借入ができないという規制のことです。

具体的には年収の3分の1までしか借入ができないことになっていますが、
この規制に縛られるため、収入がまったくない専業主婦は消費者金融では借りることができません。

ところが、銀行はもとから総量規制対象外なので、
申込者の年収がどうであろうと、銀行が貸したいと思えば貸せるのです。

そして銀行カードローンの場合は、専業主婦に収入がなくても、
配偶者に返済能力があれば融資OKとしているので、専業主婦でも借入ができるのです。

このようなわけで、銀行カードローンは専業主婦にとても人気があるのです。

また、銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が安いので、
返済がしやすいという点でも人気があります。

他にも、知名度や信頼性、銀行が身近な存在であることも人気を集める要因となっています。

配偶者にしっかりした収入がある専業主婦にとっては、銀行カードローンはとても心強い存在です。


銀行カードローンのデメリットといえば、手続きに時間がかかることです。

消費者金融なら手続きがとても早く即日融資もできるのですが、
銀行カードローンではそれが難しいのが現実です。

その理由はもちろん、手続きに時間がかかるからです。

ではなぜ銀行カードローンの手続きは時間がかかるのでしょうか?

それは、銀行は消費者金融に比べて審査が厳しいからです。

消費者金融でも審査は行うのですが、
銀行の場合はそれよりさらに厳しく細かく審査が行われるので、それだけ長く時間がかかってしまうのです。

銀行はどんな人にでも無条件お金を貸すところではなく、
属性の高い信用できる人間にしか融資しません。

だからそれだけに、審査には長く時間をかけているのです。

その分、銀行は低金利を提供しているのですが、
その恩恵を受けられるのは属性の高い人間だけなのです。

でも、お金を貸す人間が本当に属性の高い人間かどうかは、審査を綿密に行わなければわかりません。

だから、銀行カードローンの審査は厳しいのです。

もちろん銀行カードローンのデメリットはそれだけではありません。

審査に長く時間がかかることから、即日融資が受けにくいというデメリットもあります。

よって、今すぐ借りたいと思ってる人には銀行カードローンは向いていません。


銀行カードローンというのは、銀行が行っている小規模な金額の無担保融資です。

消費者金融系のキャッシングとシステムはよく似ており、
追加借り入れや繰り上げ返済などを面倒な手続きや手数料の支払い無しに行えます。

また、近年では申し込みから融資までのスピードも速くなっており、
こちらを優先的に利用している人も増えています。

銀行カードローンのメリットとしては、
低金利、大手で信頼性がある、他人にバレにくいなどが挙げられます。

民間の業者と比べて資金力が豊富ですので、
同条件のキャッシングと比べても、かなり利率は低く設定されていることが多いです。

また、申込者の資力にもよりますが、100万円単位の高額の融資を受けられる場合もあります。

また、いずれも大手の金融機関ですので、初めて借り入れをするときにも安心して申し込めます。

さらに、個人情報の保護も徹底していますので、
借り入れをしていることをほかの人に知られる心配もほとんどありません。

また、銀行のローンは総量規制の対象外となっていますので、
年収に関係なく利用限度額を設定できるといったメリットもあります。

これらのことから、借り入れを検討している人に銀行カードローンはおすすめです。


カードローンには大きく2種類があります。

銀行カードローンと銀行以外の金融機関が実施ているカードローンです。

消費者金融や信販会社などが実施しているものが銀行以外カードローンに該当します。

基本的にはどちらのカードローンもお金借りることに違いはありません。

中にはFX投資で失敗してお金を借りるという人もいます。

そんな事にならないためにも、まずFXの基礎用語集はこちらで勉強してFXを始めましょう。

融資限度額の範囲であれば、何回でも借入することが可能ですし、返済も分割して行うことも可能です。

銀行カードローンと銀行以外カードローンの一番の違いは、借入れるときの金利の違いです。

銀行カードローンの方が金利が低いのが一般的です。

借入を行う場合には金利が重要なポイントとなります。

金利が高いと返済に伴う利息が高くなり、金利が低いと返済時の利息が少なくてすみます。

返済に伴う利息を小さくするためには低金利のものを借入れることが有用です。

また、融資限度額も銀行カードローンの方が大きく設定されています。

銀行カードローンは比較的返済金利が低く設定されていますが、
借入時の審査が銀行以外カードローンに比べて厳しいのが実情です。

審査において、銀行以外カードローンは安定収入のある人に幅広く融資するのに比べて、
銀行カードローンはきちんと返済できる可能性が高い方を対象にしています。

結果的に審査が厳しくなります。